HOME » フランチャイズで失敗したetc…さまざまな事例紹介

フランチャイズで失敗したetc…さまざまな事例紹介

フランチャイズ起業で失敗しないために、知っておきたい知識や事例をまとめてみました。

失敗例から学ぶフランチャイズの落とし穴

フランチャイズへの加盟にはたくさんのメリットがあります。さまざまなリスクを抑えて起業ができるので、成功例も多いことで知られています。

ただ、それでも起業に失敗するケースがないわけではありません。これからフランチャイズグループに加盟するなら、失敗事例からフランチャイズの落とし穴について学び、失敗を避けるようにしなければなりません。

ここでは、起業に失敗してしまった例を4パターンに分けてご紹介します。フランチャイズ起業の失敗の原因と、それを避けるためのポイントをご紹介していきます。フランチャイズ契約を結ぶ前に、ぜひ一度は目を通してみてください。

その1. 資金不足で失敗したケース

運転資金不足で、事業が続けられずに起業失敗となるケースが少なくありません。また、事業がうまくいっていて、事業の拡大や設備投資を積極的に行なった結果、手元の資金が足らず黒字倒産になることも。

そういった資金不足による失敗をご紹介しています。

その2. 競合・ライバルが増えて失敗したケース

まだ競合やライバル店がない立地を見つけ出して、開業に成功!順調に売り上げを伸ばしていたものの、競合店ができた途端に売り上げはダウンして、顧客の心をつかみきれずに、そのまま閉店…。

そんな競合・ライバル店の出現による起業失敗の事例をご紹介します。

その3. オーナーの力不足で失敗したケース

どんなに優れたフランチャイズシステムや、好立地での起業、有利な条件であってもオーナーの経営力がなくては事業はうまくいきません。

オーナーの経営力や努力が足らずに、事業が軌道に乗らなかった例を探してみました。

その4. 業態選びで失敗したケース

事業の業態は、用意できる自己資金やオーナーの性格・適性、どんな経営をしたいかなどを考慮して、検討する必要があります。

ただ良いフランチャイザーだから、という理由で選んでしまうのは危険なのです。業態選びを誤るとどんなリスクがあるのか、実際の例を集めてみました。

フランチャイズで成功する人は何が違うのか?秘訣を紹介

一方、フランチャイズで成功する人は、失敗する人と何が違うのでしょうか?
フランチャイズで成功する人の秘訣をご紹介します。成功するためにぜひチェックしておいてください。

その1. 会計知識や管理能力など経営者としての資質を養う

フランチャイズをビジネスとして成功させるには、お店をしっかりと管理し、運営していかなければなりません。そのためにも、経営者としての資質は重要といえます。

本部は営業のためのノウハウを教えてくれますが、経営はオーナーの経営手腕が問われます。当然、会計知識やスタッフを管理し、まとめる能力も必要です。

まだ経営者としての勉強や準備をしていないという人も、店を開いてから実務に合わせて経営者の勉強をしていくことが重要になります。成功する経営者は経営セミナーに積極的に参加するなど、学ぶ姿勢を忘れない人が多いのです。

そのほか、書籍などでも経営ノウハウなどを独学で学ぶことができるものは数多く出版されています。こういった情報を自力で収集し学ぶ姿勢も重要といえるでしょう。

その2. アドバイスや意見を聞く柔軟性と実行力を身に着ける

フランチャイズである以上、仕入れやキャンペーンといった規約に沿ったり、アドバイザーの意見を受け入れたりする必要があります。

また、世の中の流行や顧客のニーズの変化によってサービスが変わることもあります。売上を伸ばしフランチャイズを成功させるためには、そのような変化にも臨機応変に対応することが必要となってきます。

フランチャイズで成功している人は、アドバイザーやスタッフ、顧客の声を聞く柔軟性と、売上に繋げる実行力が備わっています。

人の意見やアドバイスは成功のチャンスとして活かし、流行や情勢にも敏感になりましょう。

その3. アイデアを大切にし、進んで新たな挑戦をする

成功するオーナーは、学んだことや日々の仕事の中で思いついたアイデア、スタッフやアドバイザーからの提案でよいと思ったことなどをすぐに実行するように心がけています。

積極的に挑戦するオーナーなら、スタッフのモチベーションも上がり、スタッフもアイデアを提案しやすい環境になっていきます。このような、「皆で挑戦する環境」が売上げアップにもつながっていくのです。

その4. 夢やビジョンを持ち目標実現に向けてスタッフと協力する

各業界で従業員の人手不足も多くなっている昨今ですが、スタッフの定着率がよい店舗はオーナーが明確なビジョンや夢を持ち、熱意があることが見受けられます。

スタッフが団結して、オーナーと一緒に頑張りたいと思ってくれてこそ、皆が一丸となって目標実現に向かって協力をするのです。

その5. 競合先との差別化を図り強みを積極的に押し出す

多くの競合に囲まれている場合、成功のためには競合先との差別化を図ることも大切です。

成功するオーナーは差別化を高めるために以下の点に注意しています。

  • 自社のブランド認知度を高め、ブランドイメージを周囲に確立する。
  • 名物商品や競合先と比較しての価格競争力となるものがある。
  • 顧客を呼び込むための効果的な販促策やノウハウをもつ。
  • 先進的な情報システムや経営システムを取り入れる。

以上のような注意点を反映させるためにも本部とはしっかりと連携を取りましょう。

情報をいち早く取り入れ、競合先よりも強みとなるものを積極的に押し出していくことが必要となります。

例えば新製品が発売された場合、成功するオーナーは店内で目立つように配置する、ポスターがなければ自店で制作し、告知をするなどといった工夫も行なっています。

そのためにも、本部が主催するセミナーなどには意欲的に参加し、常に競合先との差別化を図っていくとよいでしょう。

以上のように、フランチャイズで成功するオーナーは加盟さえすればよいと甘んじず、経営者としての自覚を持ち、人の意見をしっかりと聞きながら、勉強や新たな挑戦を積極的に行なっています。

フランチャイズで成功するためにも、これらの秘訣を頭に置いておくとよいでしょう。