HOME » フランチャイズで起業する前に知っておきたい基礎知識 » フランチャイズ開業で融資を受ける!メリットとデメリットを解説

フランチャイズ開業で融資を受ける!メリットとデメリットを解説

「フランチャイズ開業したいけれど、開業資金が足りない…」 そんな時に資金調達する手段の1つとして挙げられるのが「銀行などから融資を受ける」方法です。

このページでは、フランチャイズに加盟して開業資金の融資を受けるメリット・デメリットをご紹介します。

 

 

融資を受けてフランチャイズ開業する2つのメリット

まずは、フランチャイズ開業で融資を受けるメリットについて見てみましょう。

メリット1. すぐにフランチャイズ開業することができる

この方法の最も大きなメリットは、たとえ資金が不足していても融資を受けることで素早くフランチャイズ開業できる点でしょう。中には、じゅうぶんに開業資金が貯まってからフランチャイズ開業をしようと考える方もいるかもしれません。

しかし、開業には「タイミング」も大切です。資金が貯まってから…と先延ばしにしていては、それがいつになるか分かりません。ようやく開業できるという頃には、競合店やライバル店が増えていたり、その事業自体が衰退していたり…といった可能性も。そんな状態で事業を始めても、経営が難しくなってしまうかもしれません。

一方で、融資を受けてフランチャイズ開業すれば、いち早く資金を用意して開業することができます。開業においては、「やりたい」と思った時にすぐ始めることがポイントなのです。

メリット2. 大手のフランチャイズ本部なら融資が受けやすい!

個人でゼロから事業を始める場合、信用も実績もない状態からのスタートとなります。そのぶん審査も厳しく、融資を受けることは容易ではありません。しかし、フランチャイズに加盟しての開業であれば融資を受けやすいというメリットがあります。

特に大手や、評判の良いフランチャイズ本部であれば銀行からも信用されやすくなり、より融資が受けやすくなるのです。

融資を受けてフランチャイズ開業する2つのデメリット

次は、フランチャイズ開業で融資を受けるデメリットについて解説します。

デメリット1. 元金に加え利息を返済する必要がある

当然ではありますが、融資を受けたら元金とともに利息分も返済していかなければなりません。

フランチャイズに加盟しているとはいえ、経営に関することはもちろん、「資金に関する責任もフラチャイズ加盟者である自分にある」という意識を持つ必要があります。すべて本部が面倒を見てくれるわけではないのです。

融資を受けたら、そのぶんの返済はしっかりできるのか、加えて利息の返済もできるのか、そのうえで今後事業を継続していくだけの資金はまかなえるのか…といった計画や見通しをしっかりと立てましょう。その計画に必要となる、ある程度の自己資金はしっかりと用意しておかなければなりません。

デメリット2. フランチャイズ本部によっては融資を受けられないことも

メリットとして、「フランチャイズに加盟していると融資が受けやすい」点を述べました。しかし、反対にフランチャイズ本部の財務状況や評判が悪い、知名度が低いと、それを理由に融資を断られることがあります。 こうした事態を防ぐためにも、開業する前にフランチャイズ本部のことをしっかりと調べましょう。そのうえで自分に合った、納得のいくフランチャイズに加盟することが大切です。

最適なフランチャイズに加盟して開業成功を目指す!

以上が、フランチャイズ開業で融資を受けるメリット・デメリットでした。初めてフランチャイズ開業をしようと考えている方は特に、まずは自分のやりたいことや思いに合ったフランチャイズ本部を選ぶことが大切です。

ぜひ当サイトも参考にしながら、フランチャイズ起業成功に向けての一歩を踏み出しましょう!