フランチャイズの仕組みは?

フランチャイズビジネスがどのように成り立っているのか、ロイヤリティなど重要ワードを交えて解説しています。

ロイヤリティって何?
フランチャイズの仕組みを徹底解説!

フランチャイズについて知識を深めていく前に、まずはそもそもフランチャイズがどんなものなのか確認しておきましょう。

フランチャイズグループに加盟することで、どんな契約が発生して、どんな金銭のやり取りが発生するのでしょうか。また、本部と加盟店はどんな関係になるのでしょうか。フランチャイズビジネスの仕組みを解説していきます。

フランチャイズビジネスとは?

フランチャイズビジネスは、フランチャイズチェーンを運営する本部、いわゆる「フランチャイザー」と、そこに加盟する「フランチャイジー」の間の権利のやり取りによるビジネスです。

加盟店がフランチャイズチェーンに加盟すると、本部が提供する商標やチェーン名、開発した商品やサービス、情報などを利用する権利を得ます。

さらに、本部からの指導や支援を受けることもできます。たとえばコンビニのフランチャイズなら、コンビニの名前はもちろん店舗運営システムやノウハウ、そのコンビニが開発した商品など利用する権利が得られるわけです。

その対価として、加盟店が本部に権利の使用料、つまり「ロイヤリティ」を支払います。フランチャイズに加盟するということは、ロイヤリティを払って得た権利を使って、加盟店がビジネスを行うことを指します。

フランチャイズ契約の留意点は?

そんなフランチャイズの契約は、いくつか留意しておくべきポイントがあります。これを理解せずに契約してしまうと、あとでトラブルになることも。

ロイヤリティについて

ロイヤリティの計算はどのように行われるのか確認しましょう。たとえば「利益の○%」と書いてあっても、その利益がどの部分を指すのか、明確にする必要があります。

売上保証について

月間の収入保証があるプランであっても、どのような条件で保証が受けられるのか、あるいは保証の内容など明確にしておくことが大切です。

加盟金について

フランチャイズ加盟金はどのタイミングで支払うのか、ということも大切です。店舗が見つからず、開店できない場合でも先に加盟金を支払う必要がある場合は、初期段階の資金繰りが厳しくなります。

中途解約、更新

フランチャイズ加盟を契約期間の途中で解約する場合や、契約の更新をする場合に、どのような手続きや金銭のやり取りが発生するのか確認しておきましょう。

契約書は細かく読み込むことが重要!

重要なポイントをいくつか挙げてみましたが、フランチャイズグループによってそれぞれの注意点があります。契約書は納得できるまでしっかりと読み込み、トラブルを防ぐ準備が絶対に必要です!

ロイヤリティの相場と種類

フランチャイズグループに支払うロイヤリティの種類や相場は、以下のようになっています。

種類

  • 売上歩合方式:加盟店の売り上げから数%の金額を支払う方式。
  • 定額方式:月々固定された金額を支払う方式。
  • 粗利分配方式:粗利から数%の金額を支払う方式。

相場

ロイヤリティの種類によっても異なり、また業種によってもかなり違います。飲食店では売り上げの3〜10%ぐらいですが、コンビニでは粗利の40〜70%ということも。学習塾では売り上げの10〜30%ほど、パソコンスクールでも10〜30%ほどだと考えられています。

同業種や同じ方式のフランチャイズシステムを比較して、妥当なロイヤリティを設定しているシステムを選びましょう。