HOME » おすすめのフランチャイズ本部リスト

おすすめのフランチャイズ本部リスト

オススメのフランチャイズグループを厳選して、16社ご紹介しています。

起業するならココ!
優秀なフランチャイズグループ

独立開業して自分で経営をするなら、フランチャイズグループに加盟するのがベストな方法です。失敗のリスクを大きく抑え、安定した経営をするノウハウやサポートを提供してもらえるのがフランチャイズのメリット。これを利用しない手はありません。

そんなフランチャイズグループの中でも、特に優れたシステムを提供している16社をピックアップ。各社の加盟条件やブランドの特徴、そして実際に起業された方の口コミ・評判の声を集めてみました。

フランチャイズのメリットとデメリットとは?

そもそも、フランチャイズを利用することに、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリットとしては以下の面が挙げられます。

  • 経営のノウハウを得たり、指導が受けられる
  • フランチャイズグループのブランド力で集客でき、仕入れが有利になる
  • 設備やツールなど、最適なものを利用できる
  • 銀行からの融資を受けやすい
  • 低コストで始められる場合がある

一方、デメリットにはどんなものがあるでしょうか。

  • ブランドに悪いイメージがついた時に影響を受ける
  • 経営や仕入れ先などに制限がある
  • ロイヤリティを継続的に支払う必要がある
  • 契約期間中の解約などがしにくく、契約終了後は同業種での営業が一定期間できない

ある程度デメリットはありますが、それでもメリットの方が大きいことは言うまでもありません。個人で独立すると何年かかっても得られない数多くのものが、フランチャイズで得ることができます。

そんなフランチャイズグループの中でも、オススメなのがこれからご紹介する16社です。

セブンイレブン

コンビニフランチャイズのトップグループ。自社ブランドのクオリティが高く、今でもコンビニといえばセブンイレブン、と言う声が聞かれます。店舗拡大傾向にあり、ますますチャンスが広がります。

セブンイレブンの詳細はこちら>>

ファミリーマート

サークルKサンクスと合併して、業界2位に躍り出たファミリーマート。フランチャイズ加盟店へのサポートが手厚く、コンビニの中でも安定した経営をしやすいのがファミリーマートではないかと思います。

ファミリーマートの詳細はこちら>>

ローソン

上記2社に次いで業界3位がローソン。「ウチカフェ」シリーズや「ブランパン」など、個性的な商品開発で根強いファンを獲得。こちらもファミマ同様に、開業から経営が軌道に乗るまでのサポートが手厚いのが特徴です。

ローソンの詳細はこちら>>

おたからや

低資金かつ小さいスペースで開業できるのが買取販売。おたからやは、買い取った商品をすぐに換金できるので在庫リスクがなく、キャッシュフローが安定しやすいのが魅力。成長産業の一つです。

おたからやの詳細はこちら>>

CoCo壱番屋

カレーチェーンとしては世界一のココイチ。ココイチで起業するには、一定期間正社員として働き、数年後に独立するというモデルになっています。時間はかかりますが、経営をしっかり学べるのは魅力です。

CoCo壱番屋の詳細はこちら>>

丼丸

低資金で開業できて、しかもロイヤリティがない良心的なフランチャイズ。メニューを考案できるなど、経営の自由度が高いことでも人気で、オーナーとしての腕を存分に奮うことができます。利益率の高さも大きな特徴です。

丼丸の詳細はこちら>>

ほっともっと

既存店をそのまま引き受けるという方法で、300万円未満での開業が可能なのがほっともっと。ロイヤリティが固定されており、売り上げが上がるほど利益率が良くなる仕組み。弁当チェーンとしての知名度は◎です。

ほっともっとの詳細はこちら>>

らあめん花月嵐

商品開発力で他者を圧倒するのが、らあめん花月嵐。35日間に及ぶ研修で、店舗運営から調理までみっちり学んで開業することができます。異業種とのコラボメニューで、話題性もバツグンです。

らあめん花月嵐の詳細はこちら>>

ドトール

日本最大のコーヒーチェーンといえば、ドトールコーヒー。誰もが気軽に美味しいコーヒーを飲めることから、絶大な人気を誇ります。ブランド力が高く、集客がしやすいフランチャイズグループです。

ドトールの詳細はこちら>>

モスバーガー

その美味しさ、食材の安心・安全などにおいて、商品のクオリティが抜群なモスバーガー。ロイヤリティが売り上げの1%とかなり低く、本部への支払いが少なくて済むので、フランチャイズでも経営を圧迫しません。

モスバーガーの詳細はこちら>>

銀だこ

たこ焼きチェーンとして今勢力拡大中の銀だこ。初期費用は300万円ほどあれば開業できます。カフェ、居酒屋、ドライブスルーなど、自由な業態での開業ができるので、自分のアイデアを生かすことができます。

銀だこの詳細はこちら>>

やよい軒

定食チェーンといえば真っ先に思い浮かぶうちの一つがやよい軒。縮小傾向の外食産業において店舗拡大中で、勢いがあります。資金面、指導面の両方において、本部のサポートが充実しているのも見逃せません。

やよい軒の詳細はこちら>>

明光義塾

1960年の創業以来、フランチャイズを拡大し続けて現在では全国に2,000以上の教室を持つ明光義塾。日本最大の学習塾フランチャイズとして、個別指導の成長を牽引しています。

明光義塾の詳細はこちら>>

スクールIE

「やる気スイッチ」のCMでもおなじみの個別指導学習塾がスクールIE。指導カリキュラムが充実しており、質の高い指導をムラなく提供することができるシステムを持っています。

スクールIEの詳細はこちら>>

あいさぽ

スマートフォン市場で圧倒的なシェアを誇るiPhone。Appleに故障の修理を依頼すると高額な費用がかかりますが、あいさぽなら速く安く修理ができます。ユーザーのニーズに応えられる、成長産業のフランチャイズです。

あいさぽの詳細はこちら>>

トータルリペア

カーリペアのフランチャイズグループ・トータルリペアは、海外から修復技術を導入しています。複数の事業を組み合わせて起業することで、高い収益を生み出すシステムになっています。

トータルリペアの詳細はこちら>>