丼丸

低資金で開業できてロイヤリティがない、丼丸のフランチャイズシステムを紹介。その特徴や口コミ・評判の声をまとめました。

低資金で開業できる!話題のフランチャイズ・丼丸

丼丸は、株式会社ササフネによるフランチャイズグループ。飲食店ながら低資金での開業ができることで話題になっています。

飲食フランチャイズなら丼丸の公式HP画像

画像参照元:丼丸グループ公式HP画像(http://sasafune.co.jp/)

リスクを抑えて起業できる上にロイヤリティが発生しないことから、短期間で経営を軌道に乗せやすいと評判です。開業から3カ月で2号店をオープンさせる人もいるほどで、複数店舗の経営も珍しくありません。そんな丼丸のフランチャイズシステムについて調べています。

開業資金

開業資金には物件代や工事、什器類、広告宣伝費、加盟金、研修費などを合わせても500万円以内でOK。丼丸は持ち帰りの飲食店なので、広い物件を用意する必要がなく、低資金での開業が可能です。

他のフランチャイズグループだと、加盟金以外にかかる費用を公開していません。丼丸は諸費用合わせても500万円以内で済むとうたっているので、フランチャイズ経営を真剣に検討している人にとって安心感があります。

収支モデル

  • 平均的な収益の店舗(8坪・25日/月営業稼働)の場合:月売上2,534,400円、月利益が929,848円。内訳は以下のようになっています。
収入(売上) 2,534,400円
 
 
 支出
 
 
家賃 124,850円
その他経費 83,478円
のれん代 32,400円
仕入れ合計 1,363,824円
家賃負担率 5%
利益額 929,848円

ロイヤリティ

丼丸にはロイヤリティの制度がありません。

のれん代として月額固定の3万円(税抜)を支払うだけ。どんなに利益を出しても、本部に支払うのは3万円です。加盟店の負担が非常に小さく、経営を安定させやすいという点で良心的なフランチャイザーだと言えます。

飲食なら丼丸!では、他ジャンルで成功するフランチャイズは?>>

ブランドの特徴

低リスクでの開業が可能

開業資金は500万円ほどで済み、開業後は本部にのれん代の3万円を支払うだけ。他のフランチャイズに比べ、本部の収入はかなり少なくなる設定です。

利益の出やすいビジネスモデル

万が一失敗をしても損失は他のフランチャイズに比べるとかなり小さいもの。リスクを抑えて開業し、利益率の高いビジネスができる点で非常に魅力的です。

自由度の高い経営が可能

経営の自由度の高さも丼丸の魅力。店舗ごとにメニューの開発が許されていて、土地の名産の魚を使ったオリジナル丼や、客層に合わせた価格設定なども可能。マニュアル経営ではなく、オーナーの裁量で自由に経営できることも、丼丸が人気を集めている理由です。

展開店舗数

約335店(2016年8月時点)

丼丸のフランチャイズの口コミ・評判

  • 仕入先や営業時間、商品、価格など、本部の縛りがほとんどありません。基本的なことだけ守ればいいので、自分なりの経営を楽しむことができます。
  • 初期投資を1年ほどで回収できました。このまま順調にいけば、複数店舗の経営も視野に入れていきます。
  • 低資金で開業できて、グループ全体に勢いがあるので安心して加盟できます。商品の競争力も高いと思います。